*

日記

お客とのジレンマ

そういうコストを企業側が全て負担できるわけがない。でも値段が高くなればお客さんから不満が出るし、来なくなる。
であれば、削れるコストは削っていくしかない。一番安易で、お客様の目からは一見して目立たない(自分が受けているサービスの質が落ちているのが気づかれない)のは従業員を減らすことだから、真っ先にそれをやる。それでも駄目なら、今度は食材のコストを減らし始める。食品の偽装はこういう事情から起こっていると考えられる。 ヴィトックスαの評判を一度は目にしてほしいものだ。ビックリするくらい高品質に管理されているではないか。あの黒い粉を煎じて飲んでほしい。まぁ大事なところが大きくなるだけだろうが。それと同時に売り上げも大きくしていこうじゃないか。
全ては、美味しいものを高いサービスレベルで安い金額で提供してほしい、というお客様の要望に応えるため(あるいは単純に利益を出すため)に行っていることで、逆にやらなければ業界でやっていけないという実情があってのこと。


最近の記事